内視鏡検査と手術(子宮鏡、腹腔鏡)

当院では,以下の内視鏡検査と手術を行っています.ご相談下さい.

  1. 子宮鏡
    1. 子宮鏡検査
      細い軟性(ファイバー)子宮鏡を使用して,お腹を切らないで,子宮腔内を観察します.
      以下の病気の診断に有効です.
      1. 不正性器出血(月経以外の異常出血)
      2. 粘膜下筋腫(子宮筋腫の一種で,月経量が多くなる)
      3. 子宮内膜ポリープ(異常出血の原因の一つ)
      4. 子宮奇形(不妊症の原因の一つ)
      5. 子宮体部腫瘍(前癌状態,子宮体癌)
      痛みはほとんどなく,日帰りもできます.
    2. 子宮鏡下手術(レゼクトスコピー)
      粘膜下筋腫や子宮内膜ポリープなどに対して,お腹を切らないで治療できます.通常,翌日には退院できます.
  2. 腹腔鏡
    1. 腹腔鏡検査
      お臍の下の約1cmの切開部より内視鏡を挿入して,お腹の中を観察します.以下の病気に有効です.
      1. 原因不明の腹痛
      2. 原因不明の不妊症
      3. 生理痛の原因検索
      4. 子宮外妊娠の疑い
      全身麻酔で行い,傷は小さく,通常は翌日には退院できます.
    2. 腹腔鏡下手術
      さらに2-3カ所の小切開を加え,鉗子や電気メスを使用して以下の病気に対して,開腹手術とほぼ同様に手術を行います.
      1. 子宮や卵管の癒着
      2. 子宮内膜症
      3. 卵巣嚢腫
      4. 子宮筋腫 など
      全身麻酔で行い,通常3日くらいで退院できます.
      これらの手術は,開腹手術に比べ,以下のメリットがあります.
      1. 傷が小さいため,美容的
      2. 術後の傷の痛みが少ない
      3. 術後の癒着が少ない
      4. 短期間の入院
      5. 社会復帰への日数は,開腹手術の半分
トップ > 診察内容 > 内視鏡検査と手術(子宮鏡、腹腔鏡)
脇田産婦人科医院
〒683-0822 鳥取県米子市中町123-5 Tel.0859-33-1031
Copyright © 2009 Wakita Ob & Gyn Clinic. All Right Reserved.